記事一覧

マグロの食文化の歴史

私たち日本人が大好きなマグロですが、実は、縄文時代から食べられていたことが分かっています。それは、縄文時代の貝塚から、マグロの骨が出てきていることから判明しました。古事記や万葉集では、あまり良い印象としては描かれていませんでした。マグロは、シビと書かれていて、その意味するところは、「死日」ということだったのです。かつては冷蔵庫もなく、マグロは、生もので鮮度が落ちやすかったために、このように呼ばれて...

続きを読む

マグロに含まれるタウリンの効果

前回の記事で、マグロにはDHAが豊富に含まれていて、コレステロールを下げ、血流をサラサラにする作用があることをお伝えいたしました。マグロには、他にも健康に良い面がいろいろあります。まぐろの血合いには、タウリン、ビタミンE、鉄分が多く含まれています。それぞれの効果について見ていきましょう。タウリン(1)コレステロール値の改善肝臓で作られている胆汁の主な成分は胆汁酸。この胆汁酸にはコレステロールの分泌を促進...

続きを読む

DHAがまぐろには豊富に含まれています

マグロには、DHAが豊富に含まれています。DHAは、マグロ以外の魚にも多く含まれる必須脂肪酸です。そして常温でも固まらないので不飽和脂肪酸とも呼ばれます。 DHAが多いのは、イワシやサバなどのいわゆる青い背の魚(青魚)です。また、マグロなら霜降りのトロの部分に多く含まれています。カブト煮などで食べる目の裏のゼリー状の部分(眼窩脂肪)には、最も多くのDHAが含まれています。いずれも、旬の時期の脂ののったも...

続きを読む

マグロは、不飽和脂肪酸とタンパク質が豊富で健康にいい

まぐとは、美味しいだけではなく、栄養も満点です。 マグロには、良質のタンパク質のほか、不飽和脂肪酸や鉄分、カリウム等のミネラルがたっぷり含まれ神経や筋肉の機能を正常に保ち、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞を防いでくれます。また、赤身は高タンパクで低脂肪・低カロリーという天然自然の健康食、ダイエット食として女性にも人気があります。さらにビタミンB6やパントテン酸など育ちざかりの元気な子供に必要な栄養も...

続きを読む

マグロの特徴について

マグロ(鮪)は、サバ科マグロ属に分類される硬骨魚類の総称をいいます。暖海性で外洋性、回遊性の大型肉食魚で、日本を始めとする世界各地で重要な食用魚として漁獲されております。日本語の「マグロ」は目が大きく黒い魚であること(目黒 - まぐろ)に由来するという説があります。他にも、常温に出しておくとすぐに黒くなってしまう為、まっくろ→まくろ→まぐろ。と言われるようになったと言う説もあります。全長は60 cmほどのも...

続きを読む